BOT実行(アクセストークン)

NO IMAGE

 ホーム > ユーザガイド > BOT > BOTエディタの使い方 > 拡張機能 > クラウドBOT > BOT実行(アクセストークン)

アプリ概要

アクセストークンを使って、任意のBOTを実行します。使用するには、外部連携が有効の契約である必要があります。

【アクセストークンを使用したクラウドBOTアプリの操作手順】

BOT一覧を参照し、実行したいBOTの実行エンドポイントを取得します。

実行エンドポイントを使用し、BOTを実行します。実行結果からジョブ参照エンドポイントを取得します。

ジョブ参照エンドポイントを使用し、ジョブの詳細情報を参照します。

拡張機能URLcbot-extension://cloud-bot:cloud-bot:execute-bot-using-credentials:1
提供元Cloud BOT official
外部通信あり
バージョン1

画面説明

入力画面

リクエストオプション

アクセストークン

アクセストークンを指定します。

* 使用するアクセストークンに「実行」権限が付与されている必要があります。

シークレットキー

シークレットキーを指定します。

BOT実行エンドポイント

BOT実行エンドポイントを指定します。
* BOT実行エンドポイントは、BOT一覧参照(アクセストークン)で取得できます。

コールバックエンドポイント(オプション)

コールバックエンドポイントを指定します。

コールバック試行回数

コールバック試行回数を指定します。

入力データ設定

入力データ

* 入力データの値のフォーマットについてはこちらをご覧ください。

結果表示画面について

BOT実行を開始しました

BOTの実行結果を表示します。

* 非同期実行のため、BOTの実行開始をもって即時実行結果が返ります。 レスポンスコード、ステータスコード、ステータスは実行中のものになります。

* ジョブ参照エンドポイントはジョブ参照(アクセストークン)で使用します。

各項目については、APIリファレンスを参照してください。