BOT実行時のエラー原因と解決法について

Japanese may be displayed on some pages.

 ホーム > BOTの作り方 > BOT実行時のエラー原因と解決法について

ここでは、クラウドBOTをご利用頂いているユーザ様から頂くご質問の中で、特に発生頻度の高いエラーについて、原因と解決方法をまとめています。

waitForSelector timed out 100ms

最もお問い合わせが多いのがこちらのエラー「waitForSelector timed out 100ms」

エラーの内容について

これは、「対象のセレクターを0.1秒待ったけど、見つけられなかったよ」という内容のエラーメッセージです。

エラーの原因について

クラウドBOTはタスクのタイムアウト時間がデフォルトで0.1秒に設定されています。0.1秒以内に画面上から操作対象を見つけ出せない場合に「waitForSelector timed out 100ms」のエラーが発生します。

様々なケースがありますが、主に、画面上にふわっと表示されるダイアログやメニュー、ボタンなどを操作する際に発生するケースが多いです。(専門的な言葉を使うと、非同期処理によって表示を切り替えている箇所で発生します。)

解決策①

多くの場合、の場合、エラーが発生するタスクのタイムアウト時間を延ばす事で解消できます。

高画質で見る

解決策②

画面遷移直後などの場合、タスクのタイムアウト時間を延ばしても解決しない場合があります。その場合は必要な時間分の待機タスクを挿入する事で解消できます。

高画質で見る

上記方法で解消されない場合

誠にお手数ですが、クラウドBOTサポートまでご連絡下さい。

クラウドBOTでは、フリープランからご利用できる無料技術サポートがございます。以下のボタンからお気軽にお問い合わせ下さい。お急ぎの場合はサイト内のライブチャットもご活用下さい。