Excel(xlsx) / ビューア

NO IMAGE

 ホーム > ユーザガイド > BOT > BOTエディタの使い方 > 拡張機能 > Excel(xlsx) > Excel(xlsx) / ビューア

アプリ概要

Excelファイル(xlsx)のデータをテーブル表示します。

動画で見る   音声はありません。
※動画が正しく表示されない場合は、画面の再読み込みを行って下さい。

高画質で見る

拡張機能URLcbot-extension://cloud-bot:xlsx:view:1
提供元Cloud BOT official
外部通信なし
バージョン1.0.0

画面説明

入力画面について

ステップ1

・Excelファイル

データ行を追加するExcelファイルを選択します。

ステップ2

・シート名

選択したファイルのシート名を選択します。

対象テーブル位置または範囲(オプション)

対象とするセルの範囲を指定できるオプションです。指定しない場合は、選択したシート全体が対象となります。対象テーブル位置または範囲についてはこちらをご覧ください。

※同じヘッダーが存在した場合は、列の左側から表示されます。

・ヘッダー行

ヘッダー行を指定します。ヘッダー行についてはこちらをご覧ください。

※ヘッダー行がない場合は未入力にしてください。列名にはアルファベットが自動で割り当てられます。

・データ開始行

データの開始行を指定します。データ開始行についてはこちらをご覧ください。

ステップ3

・対象テーブル範囲

対象のテーブル範囲が表示されます。

・データ行数

対象テーブル範囲にあるデータ行数が表示されます。

表示を開始するデータ行

表示するデータの開始行を指定します。

※指定した“データ開始行”が1行目となります。
※マイナスの数を入力すると、最終行から数えた行をデータ開始行とします。

・表示するデータ行数

データ表示する行の件数を指定します。

※表示対象となるデータ数を超える値を入力した場合は表示対象となる全てのデータを表示します。

・列順指定(オプション)

表示する列を限定したい場合は列名を指定します。列名を指定した順に左から列が表示されます。追加、削除ボタンを押すことで表示する列の指定を増減できます。

※同じ列名が存在する場合は、左側の列から順に表示されます。
※未指定の場合は全列が表示されます。

・表示形式

数値や数式の表示形式を”フォーマットされた値”または”生の値”から指定します。生の値についてはこちらをご覧ください。

・日付フォーマット

日付データのフォーマットを指定できます。

・時刻フォーマット

時刻データのフォーマットを指定できます。

結果表示画面について

ファイル内のデータがテーブル形式で表示されます。

[ 表示処理について ]

データ数が多いファイルの場合、表示処理のタイムアウト(*)によりエラーになることがあります。

その場合、下記の方法で、表示処理の負荷が軽減されます。

  • 表示形式を”生の値”と指定する
  • 列順指定、表示するデータ行数の範囲を指定する

* 表示処理は29秒でタイムアウトエラーになります。