トリガーとアクション

NO IMAGE

 ホーム > 外部サービス連携 > Power Automate > トリガーとアクション

Japanese may be displayed on some pages.

トリガーとアクションの説明・使い方

種別トリガー名またはアクション名説明
トリガーBOT の実行が完了したときBOT実行完了をトリガーとします。
BOTの出力値を取得し、以降のアクションで利用できます。
アクションBOT を実行するクラウドBOT上のBOTをアクションとして実行する事ができます。
BOT実行時の入力値を指定できます。また、BOT完了時の出力値を以降のアクションで利用できます。
アクションファイルのアップロード /
Upload File
ファイルデータをクラウドBOTへアップロードします。
ファイル参照 / File ref値が出力値として取得でき、その出力値は"BOT を実行する"(アクション)で使うことができます。
アクションファイルのダウンロード /
Download File
クラウドBOTからファイルデータをダウンロードします。
File ref値からファイルを取得することができます。

BOT の実行が完了したとき (トリガー)

BOT実行完了をトリガーとします。
BOTの出力値を取得し、以降のアクションで利用できます。

BOT の実行が完了したときの設定値(Setup)

言語BOT実行言語を選択します。
契約クラウドBOTの契約を選択します。
クラウドBOTで外部連携が有効の契約を選択できます。
ボット実行するBOTを選択します。
クラウドBOTで外部連携済みのBOTが選択できます。

BOT の実行が完了したときのパラメータの定義はこちらをご覧ください。

BOT の実行が完了したときの実行結果

BOT の実行が完了したときの実行結果として、戻り値が出力されます。 詳細はこちらを参照してください。

BOT を実行する(アクション)

クラウドBOT上のBOTをアクションとして実行する事ができます。
BOT実行時の入力値を指定できます。また、BOT完了時の出力値を以降のアクションで利用できます。

BOT を実行するの設定値(Setup)

言語BOT実行言語を選択します。
契約クラウドBOTの契約を選択します。
クラウドBOTで外部連携が有効の契約を選択できます。
ボット実行するBOTを選択します。
クラウドBOTで外部連携済みのBOTが選択できます。
非同期[はい]BOTを非同期で実行します。BOTの実行開始をもって即時レスポンスを返します。
[いいえ]BOTを同期で実行します。BOT実行完了時にレスポンスを返します。
*BOTを非同期で実行、またはBOT実行開始から30秒を超える場合は、BOTが実行中であってもその時点でレスポンスを返します。statusは"2"(実行中)になります。また、Cast URLが発行されます。
Data1〜10BOTの入力値を設定します。未設定の場合、BOTのデフォルト値で実行されます。
Data1~Data10に入力された入力値は、BOT実行時の入力データの1~10として引き渡されます。
入力フォーマットはこちらを参照をしてください。
API parametersAPI ParametersはBOT実行APIリクエストのペイロード(JSON)を設定します。

BOT を実行するのパラメータの定義はこちらをご覧ください。

BOT を実行するの実行結果

BOT の実行が完了したときの実行結果として、戻り値が出力されます。 詳細はこちらを参照してください。

BOTの出力値について

出力フォーマットはこちらを参照してください。

API parametersへjson形式で定義する事で引き渡す事ができます。Data1~Data10と併用した場合は、JSONのInputの値へ上書きされます。
*Data11以降のデータは直接引き渡す事ができません。

ファイルのアップロード / Upload File(アクション)

ファイルデータをクラウドBOTへアップロードします。
ファイル参照 / File ref値が出力値として取得でき、その出力値は"BOT を実行する"(アクション)で使うことができます。

ファイルのアップロード / Upload Fileの設定値(Setup)

言語 /
Language
BOT実行言語を選択します。
契約 /
Contract
クラウドBOTの契約を選択します。
クラウドBOTで外部連携が有効の契約を選択できます。
ファイル名 /
File name
ファイルの名前を指定します。前にあるトリガーやアクションの出力値からNameを関連付けます。
ファイルコンテンツ /
File content
ファイル(バイナリデータ)を指定します。前にあるトリガーやアクションの出力値からファイルコンテンツを関連付けます。

ファイルのアップロード / Upload Fileのパラメータの定義はこちらをご覧ください。

ファイルのアップロード / Upload Fileの実行結果

ファイルのアップロード / Upload Fileの実行結果として、戻り値が出力されます。 詳細はこちらを参照してください。

ファイルのダウンロード / Download File(アクション)

クラウドBOTからファイルデータをダウンロードします。
ファイル参照 / File ref値からファイルを取得することができます。

ファイルのダウンロード / Download Fileの設定値(Setup)

言語 /
Language
BOT実行言語を選択します。
契約 /
Contract
クラウドBOTの契約を選択します。
クラウドBOTで外部連携が有効の契約を選択できます。
ファイル参照 /
File ref
ファイル参照 / File ref値を指定します。

ファイルのダウンロード / Download Fileのパラメータの定義はこちらをご覧ください。

ファイルのダウンロード / Download Fileの実行結果

ファイルのダウンロード / Download Fileの実行結果として、戻り値が出力されます。 詳細はこちらをご覧ください。

Dataの値について

クラウドBOT内で定義されている1~10の入出力データはPower AutomateのData1~Data10に対応しています。

※11以降の値については、Power Automateへの直接引き渡しができないため、Power AutomateのOutputJsonに出力されるjsonデータを解析して頂く必要があります。

Data1〜10のテキストフォーマットについて

クラウドBOTの値に設定されているデータタイプごとによってテキストフォーマットが決まっています。

データタイプ テキストフォーマットについて
テキストタイプ 通常のテキストで表現します。 ベルギーワッフル(プレーン)
複数テキストタイプ パイプ区切りで表現します。 おすすめ|割引商品|焼き菓子
ファイルタイプ ファイルのRef値を表現します。
(ファイルが複数存在する場合は、パイプ区切りで表現します。)
jobs/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/files/…

グループの場合

グループ行はカンマ区切りで指定します。

データタイプ
テキストタイプ ベルギーワッフル(プレーン) , ベルギーワッフル(シュガー)
複数テキストタイプ おすすめ|割引商品|焼き菓子,おすすめ|焼き菓子
ファイルタイプ jobs/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/files/…
, jobs/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/files/…