繰り返し処理を行う

 ホーム > BOTの作り方 > 繰り返し処理を行う

グループデータを使用して繰り返し処理を行う

繰り返して登録入力などしたい場合、グループデータを作成し、繰り返し処理を行うことができます。

解説動画   音声はありません。

高画質で見る

グループデータを作成したい画面までタスクを作成します。
サイドメニューの「データ」欄の[ビューア]をクリックします。
データビューアの「グループ追加」をクリックし、グループ名を入力してボタンを押します。

行番号の右にあるボタンをクリックし列を作成します。入力項目名を入力してボタンを押します。繰り返し入力したい項目すべて列として作成します。
行番号の下にあるボタンをクリックし、入力項目に対する値を入力します。
内容が正しければボタンを押します。

「データ」欄に作成したグループが表示されます。グループのタイトルをクリックし[グループを使う]をクリックすると「タスク」欄にグループが追加されます。

入力項目にグループで登録した項目を割り当てていきます。
マウスをクリックし、要素を選択します。選択中に再度マウスをクリックすると操作メニューが表示されます。操作メニューから「データを貼り付け」を選択します。一覧の中から「グループデータ」を選択し、要素に入力する値を選択します。この手順を繰り返して入力項目にグループのデータを割り当てます。
繰り返ししたい処理をグループに正しく設定し終わったらサイドメニューの[グループ処理を完了]をクリックし、表示されるメッセージで[OK]を押します。

ボタンをクリックしてBOTを保存します。
入力データの[入力データを選択]をクリックします。グループデータに設定されている項目すべてにチェックを付けボタンを押します。項目の初期値のチェックを外すと実行値の値がクリアされます。
上記設定等で間違いがなければ、ボタンをクリックし、BOTを保存します。

BOTを実行します。
商品一覧タグをクリックします。行番号の下のあるボタンをクリックし、登録データを入力しボタンを押します。