Javascriptを実行する

NO IMAGE

 ホーム > ユーザガイド > BOTエディタの使い方 > javascriptを実行する

javascriptを実行する

javascriptを実行するタスクを追加する

クラウドBOTは、自動操作手順の中で任意のJavascriptを実行する事が可能です。

  • タスク内の「Script」ボタンをクリックする事で、javascriptの入力ウインドウが開きます。

  • 任意のjavascriptを入力し、OKボタンを押すことで、入力したjavascriptを実行するタスクが追加されます。

javascriptの記述と仕様について

BOT内のデータとして格納されている値は、${データ名}とすることで参照できます。

「データ参照」ボタンからデータを参照し、Scriptに挿入できます。

javascriptの実行結果をデータへ格納する

格納先のデータを選択する事で、javascriptの実行結果をデータへ格納する事ができます。

※格納先のデータには、javascript内で最後に実行された処理の結果が格納されます。

  1. 格納先のデータのプルダウンで「新規データ」を選びます。
  2. 新規データを選ぶことで、データのタイプを選びます。
  3. タイプのプルダウンでデータのタイプを選びます。(*)
  4. データ名を入力し、OKを押します。

* データ格納する際、格納先のデータを「テキスト」「複数テキスト」から選択できます。

キャストルール

Javascriptの値をデータへ格納する際に、キャストルールに従って値がキャストされます。

Javascriptの値 格納先データのタイプ キャスト結果
123 テキスト 123
[1,2,3] テキスト 1,2,3
"123" テキスト 123
["1","2","3"] テキスト 1,2,3
["1","2","3"] 複数テキスト 1,2,3

Javascript 活用サンプル

操作内容scriptサンプル
ボタンをクリックするdocument.querySelector("#selector").click()
入力フォームに入力するdocument.querySelector("#selector").value = ${値};
不要な文字を削除する
(080-1234-5678 → 08012345678)
var text = ${値};
text = text.replace( '-' , '' );
正規表現を使用して、パターンで削除する
(2021/11/26 15:13 → 2021/11/26)
var text = ${値};
text = text.replace( /\s\d{2}:\d{2}/ , '' );
正規表現を使用して、全ての文字を置き換える
(2021/11/26 → 2021-11-26)
var text = ${値};
text = text.replace( /\//g , '-' );
正規表現を使用して、フォーマットを変更する
(2021-11-26 → 2021年11月26日)
var text = ${値};
text = text.replace( /(\d{4})-(\d{2})-(\d{2})/ , '$1年$2月$3日');
前日の日付を取得するvar date = new Date();
date.setDate(date.getDate() - 1);
date.getFullYear() + "-" + (date.getMonth() + 1) + "-" + date.getDate();