BOTで取得したグループデータをスプレッドシートへ追加

NO IMAGE

 ホーム > 外部サービス連携 > Make > BOTで取得したグループデータをスプレッドシートへ追加

Japanese may be displayed on some pages.

シナリオ作成

クラウドBOT内で取得した一覧データを使用し、スプレッドシートへの書き込み処理を順次実行するシナリオを作成します。

Cloud BOT(Watch BOT Done)
BOT実行が完了した際にBOT実行結果を取得します。

Iterator
Watch BOT Doneで取得したグループデータの行数分、以降のモジュールを順次実行します。

Google Sheets(Add a Row)
スプレッドシートにIteratorが取り出した行データを新しく追加します。

Cloud BOTを設定する

1."Create a new scenario"をクリックします。

2.プラスのアイコンを押し、Search欄で"Cloud BOT"と検索、入力します。

3."Watch BOT Done"を選択します。

4."Watch BOT Done"の設定を行います。詳しい設定値についてはこちらをご覧ください。

5."Run Once"をクリックし、動作確認を行います。

6.クラウドBOTのWEBサイトで該当するBOTを実行します。

実行結果が確認できればトリガーの設定は完了です。

Iteratorを設定する

1.モジュール横の"Add another module"を押し、Search欄で”Iterator"と検索します。

2.ArrayフィールドにクラウドBOTから取得したグループデータ(Array)を指定します。

Google Sheetsを設定する

1.モジュール横の"Add another module"を押し、Search欄で"Google Sheets"と検索します。

2."Add a Rows"を選択します。

3.Googleのコネクションを作成し、Choose a Method、 Choose a Drive、Spreadsheet ID、Sheet Nameなどを指定します。
今回の例では、行を追加するスプレッドシートを設定します。

4.Valuesフィールドに値を指定します。
クラウドBOTの出力値からIteratorのBundle order positionをkeyとして指定することでvalueを抽出します。

5.連携シナリオが作成できました。Run Onceで動作確認を行います。

実際にスプレッドシートで確認すると、下記のように書き込みされています。