Javascriptを実行する

 ホーム > BOTの作り方 > javascriptを実行する

javascriptを実行する

javascriptを実行するタスクを追加する。

クラウドBOTは、自動操作手順の中で任意のJavascriptを実行する事が可能になっています。

タスク内の「Script」ボタンをクリックする事で、javascriptの入力ウインドウが開きます。

任意のjavascriptを入力し、OKボタンを押すことで、入力したjavascriptを実行するタスクが追加されます。

javascriptの記述と仕様について

BOT内のデータとして格納されている値は、${データ名}とすることで参照できます。

格納先のデータを選択する事で、javascriptの実行結果をクラウドBOTのデータとして格納する事ができます。

※格納先データには、javascript内で最後に実行された処理の結果が格納されます。