Power Automate2

NO IMAGE

 ホーム > 外部サービス連携 > Power Automate

Power Automateとは

Power Automateは異なるWebサービスやアプリケーションを連携させることで、タスク自動化を行うツールです。このようなサービスはiPaaS(integration Platform as a Service)と呼ばれています。

https://japan.flow.microsoft.com/

Power Automateは、Microsoft製品を中心として、様々なアプリケーション間のワークフローを自動化するサービスです。400種類以上(2020年12月現在)のWebサービス・アプリケーション間の連携を可能にします。Office365などのマイクロソフト社製のサービスだけでなく、GmailやSlack、Salesforceなど様々なビジネス向けのクラウドサービスとの連携が可能であり、日本でも注目されています。

Power Automate内でサービス同士を組み合わせて作成したアプリはフローと呼ばれ、トリガー(Trigger)とアクション(Action)のコネクタで構成されます。トリガーが引き金となり、アクションに設定されたイベントが発生します。

クラウドBOTはPremiumコネクタとして提供されます。ご利用にはPremiumコネクタを利用できるPower Automateの有料プランにご加入頂く必要がございます。

Power Automateと連携するための事前準備

Power Automateと連携するためには、クラウドBOTの外部連携を有効にする必要があります。

トリガーとアクション

このページでは、Power Automate内でのクラウドBOTのトリガーと各アクションの設定方法を説明します。

連携例

各ページにて、連携例のフロー作成を解説しています。