Make (formerly Integromat) と連携する

Make (formerly Integromat) と連携する

 ホーム > 外部連携マニュアル > Make (formerly Integromat) と連携する

Make (formerly Integromat) とは

Make (formerly Integromat) は異なるWebサービスやアプリケーションを連携させることで、タスク自動化を行うツールです。このようなサービスはiPaaS(integration Platform as a Service)と呼ばれています。

Make (formerly Integromat) は自由度の高いiPaaSとして注目されています。フィルタや条件分岐などを細かく設定することができるため、柔軟なデータ連携が可能です。
また、無料プランで十分に活用できるため、ビジネスでもプライベートでも活用できるiPaaSです。700種類を超える(2021年2月現在)Webサービス・アプリケーション間の連携が可能です。

Make (formerly Integromat) 内でサービス同士を組み合わせて作成したアプリはScenarioと呼ばれ、トリガー(Trigger)とアクション(Action)のコネクタで構成されます。トリガーが引き金となり、アクションに設定されたイベントが発生します。

クラウドBOTの外部連携設定

Make (formerly Integromat) と連携するためには、クラウドBOTの外部連携を有効にする必要があります。

外部連携を有効にする

クラウドBOTにログインし、サイドメニューから外部連携を選択します。

"外部連携する"のスイッチをONにします。

外部連携がONになると、下に新しく"連携するBOT"の一覧が表示されます。これで外部連携が有効になりました。

連携するBOTを選択する

次に、外部連携するBOTを選択します。
"連携するBOT"の一覧から、外部連携したいBOTのスイッチをONにします。

連携をONにしたBOTのみ、Make (formerly Integromat) から参照できるようになります。

これから新規作成するBOTの連携設定を自動でONにしたい場合は、"新規作成したBOTは、自動で連携を有効にする"をONにします。

Make (formerly Integromat) にログイン

こちらから無料アカウントを作成し、ログインしてください。

シナリオの作成

クラウドBOTをトリガーにするシナリオの作成

クラウドBOTのBOT実行をトリガーとして、BOT実行終了時にGmailで実行ステータスを通知するシナリオを作成します。

トリガー
クラウドBOT
BOTの実行が完了する。

アクション
Gmail
BOTの実行ステータスをメール送信する

Make (formerly Integromat) にログイン

Make (formerly Integromat) へ移動します。

クラウドBOTをトリガーに設定する

画面右上から"Create a new scenario"をクリックします。

最初にトリガーとしてセットするサービスを選択します。Search欄でCloud BOTと検索します。

トリガーである"Watch BOT Done"を選択します。

Webhookを選択します。Addをクリックし、Connectionで再びAddをクリックします。

Connection name画面が表示されたら、Saveをクリックします。

クラウドBOTへのサインインが要求されますのでサインインをクリックします。すでにサインイン済みの場合は認可リクエスト画面が表示されますので、利用規約、プライバシポリシーを確認の上、"許可する"ボタンをクリックします。

トリガーとしてCloud BOTが選択されました。言語や契約、トリガー対象とするBOTを順に選択し、Saveをクリックします。

左下のRun Onceをクリックして動作確認を行います。

クリック後クラウドBOTのサイトに戻り、該当するBOTを実行します。


BOTが無事実行されたらMake (formerly Integromat) のページに戻り、無事実行結果が確認できればトリガーの設定は完了です。

Gmailをアクションに設定する

次にアクションを設定します。今回の例では、Gmailをアクションとして設定しています。

画面中央のクラウドBOTの右側にあるアイコンにマウスオンすると、"Add another module" が表示されるので、クリックし新しいモジュールを追加します。

今回の例では、Gmailをアクションとして設定します。

アクションモジュールとして、"Gmail"が選択されました。続いて、アクションを選択します。今回は"Send an email"というアクションを選択します。

Connection欄でAddをクリックし、新しいコネクションを追加します。

認可リクエスト画面が表示されますので、利用規約、プライバシポリシーを確認の上、"許可する"ボタンをクリックします。

宛先や件名、内容などを入力し、OKをクリックします。

アプリケーション連携を開始する

これでシナリオが作成されました。

作成されたシナリオは画面左部メニューのScenariosから確認できます。

このセクションは以上です。

こちら [ Make (formerly Integromat) のCloud BOTページ ]から始めることもできます。

 

クラウドBOTをアクションにするシナリオの作成

スプレッドシートに新しい行が追加された際に、特定のBOTを実行する連携フローを作成します。

トリガー
スプレッドシート
スプレッドシートに新しい行を追加する。

アクション
クラウドBOT
商品登録BOTを実行する。

スプレッドシートをトリガーに設定する

ダッシュボード画面右上から"Create a new scenario"をクリックします。

最初にGoogle Sheetsをトリガーとしてセットするために、Search欄でGoogle Sheetsと検索します。

トリガーの種類を選択します。今回の例では、"Watch Rows"を選択します。

Connection欄でAddをクリックし、新しいコネクションを追加し, Continueをクリックします。

認可リクエスト画面が表示されますので、利用規約、プライバシポリシーを確認の上、"許可"ボタンをクリックします。

トリガーとして設定するシートやヘッダーの設定、範囲などを設定したらOKをクリックします。

左下のRun Onceをクリックして動作確認を行います。

実行結果が確認できればトリガーの設定は完了です。

クラウドBOTをアクションに設定する

次にアクションを設定します。画面中央のGoogle Sheetsの右側にあるアイコンにマウスオンすると、"Add another module" が表示されるので、クリックし新しいモジュールを追加します。

検索欄にCloud BOTと入力し、検索します。

アクションモジュールとして、"Cloud BOT"が選択されました。続いて、アクションを選択します。"Execute BOT"というアクションを選択します。

アクションとしてCloud BOTが選択されました。言語や契約、アクション対象とするBOTを順に選択、その他の必要な値も選択した後、OKをクリックします。

※Async機能が「ON」になっている時、BOTの実行が開始されるとすぐに応答が返されます。 応答には、BOTの実行結果値は含まれていません。

アプリケーション連携を開始する 

これでシナリオが作成されました。

作成されたシナリオは画面左部メニューのScenariosから確認できます。

このセクションは以上です。

こちら [ Make (formerly Integromat) のCloud BOTページ ]から始めることもできます。